直接的な刺激には強い
スマホを操作する男性

外用薬であるリドカインは、リドスプレーやリドクリームとして販売されています。
スプレーやクリームとしてリドカインの成分を陰茎に直接塗布することで効果を発揮します。
医療関係に携わっている人からすると、早漏改善薬にリドカインが含まれていることに驚くかもしれません。
なぜならリドカインは医療現場で麻酔としても使われている成分だからです。
特に局所麻酔として使われることが多いですね。
麻酔にも使われているリドカインを陰茎に塗布することで、敏感になっている陰茎の感覚を麻痺させることで早漏を防止します。
リドカインのメリットとしては、服用するタイプではないので肝臓に負担をかけることがなく、
より副作用を少なく抑えられるということが挙げられます。
デメリットとしては、あくまで陰茎への直接的な刺激には高い効果を発揮してくれますが、
性的興奮による早漏についてはカバーしきれないところがあります。
また、リドカインを塗布した部分に女性が触れてしまうと女性にも効果が出てしまい、
一時的ではありますが女性まで不感症にしてしまう危険性があるので注意が必要です。
リドカインを使用する際はなるべく直接性器に触れることは避け、
挿入時には必ずコンドームを着用しましょう。
スローセックスにおいては、挿入してからもすぐ動くのではなくしばらく膣内の感覚に慣れる時間が30分ほどあります。
早漏の人はこの30分で全く動いていないのに膣の温かさや膣圧で射精してしまうことがあります。
リドカインは陰茎への直接的な刺激には高い早漏防止効果を発揮してくれるので、
スローセックスを楽しむにはぴったりの薬と言えます。