薬に頼り切るのではなく
ソファで雑誌を読んでいる男性

ライフワークバランスを大切にしているドイツでは、時間をかけてセックスを楽しむスローセックスが流行っているそうです。
実はスローセックスは早漏改善に効果的だと言われています。
スローセックスは前戯にたっぷりと時間をかけて、挿入まで「焦らされる時間」を楽しみます。
挿入してからも30分は動いてはいけないので、普段の性急なセックスとはまさに真逆の楽しみ方なんです。
焦らされる時間というのが早漏には非常に大切で、イキたくてもイケない状況に慣れれば早漏は改善されていきます。
とは言っても早漏のままではまさに挿入にたどり着く前にイってしまって、相手にどんな顔をすれば良いかわからないという人もいますよね。
そんな人にはダポキセチンやリドカインなどの早漏改善薬を是非試してもらいたいと思います。
「薬」と聞くと不安に思うかもしれませんが、ダポキセチンやリドカインは天然のハーブなどを使用した天然由来の成分でできているので副作用も少なく、
長期間に渡って使用しても身体への負担が少なく、安心して利用できます。
ダポキセチンは内服薬、リドカインは外用薬なので併用しても特に問題はありません。
併用するのが不安だという人はどちらか片方をまず試してみるというのも良いかもしれません。
どちらも射精までの時間を延ばしてくれるので、早漏を防止しながらスローセックスをすることで、
薬の効果で一時的に早漏を改善するのではなく、しっかり自分の力で早漏を改善できます。