キスする男女

薬に頼り切るのではなく

ソファで雑誌を読んでいる男性

ダポキセチンやリドカインを使用しながらスローセックスに挑戦することで薬に頼り切るのではなく、自力で早漏を改善することができます。副作用が少ないため、長期に渡って使用できるのもうれしいですね。

直接的な刺激には強い

スマホを操作する男性

リドカインは麻酔にも使用されている成分で、陰茎に直接塗布することで感覚を麻痺させ、早漏を防止してくれます。陰茎への直接的な刺激には強いのでスローセックスにはぴったりかもしれません。

神経に作用してくれる

どこかを見ている男性

ダポキセチンは内服薬なので、しっかり神経に作用し、射精をコントロールしているノルアドレナリンの働きを抑制し、早漏を防止してくれます。ダポキセチンの一番の魅力は、使い続けることで早漏を防止ではなく、改善できてしまう点です。

生き急ぐ日本人
腰に手をあてる医師

日本人は海外から見ると非常に真面目な民族です。
例えば、待ち合わせをした時、日本では5~10分前に集合場所に到着する人がほとんどですよね。
もちろん例外として遅刻してくる人もいますが、そういった人は日本ではあまり良く思われません。
しかし、世界に目を向けてみると、時間を守ることの方が珍しいそうで、約束時間より前に来て待っている日本人は真面目な民族と評価されるんです。
真面目な日本人は、朝から晩までとにかく一生懸命働いていますよね。
全ての国ではありませんが、世界的に見るとこんなに働き続ける日本人は少し異様に思われているようです。
現に、欧米の国では日中はしっかり働いて、夜はしっかり休むというライフワークバランスを徹底している国の方が多いんです。
この国民性は、実はセックスにも顕著に表れています。
日本人のセックスは非常に淡白で短いと言われています。
確かに仕事で遅く帰ってきて、翌朝も早くから仕事となればそうゆっくりセックスをしている時間もありませんよね。
真面目な日本人は、どれだけ性欲が昂っていても、翌日の仕事をないがしろにすることはありません。
明日も仕事だから、と短時間でセックスを終えるように努力します。
しかし、短時間でのセックスは早漏を引き起こす原因にもなるので注意が必要です。
これはセックスだけでなくオナニーにも言えることですが、日本人は時間に追われているため、
つい早く性欲を発散させることに重きを置いてしまいます。
射精時間の短さに慣れてしまうと、普通の時でも早漏気味に射精してしまう癖がついてしまうんです。
また、睡眠時間を気にしながらのセックスは、早く終わらせなければいけないという緊張感と、
短い時間でも相手を満足させなければいけないというプレッシャーが精神的なストレスとなり、早漏の原因となるんです。
早漏で悩んでいるという人は思い当たる節があるかもしれませんね。
ダポキセチンやリドカインなどの早漏改善薬を利用すれば早漏は改善できますよ。

参考・出典リンク:【リドカイン・早漏改善法伝授】